TOP

AAA

外科

TOP > 診療内容 > 外科
担当医師

重岡 健一郎

診療科の特色・内容

  当院外科は消化器(胃腸科)外科を中心に肝臓・胆嚢・膵臓の疾患、一部の肺疾患、救急患者さんの急性腹症など幅広い診療を行っています。検査は胃内視鏡、大腸鏡、透視、X線CT検査、MRI、超音波検査、気管支鏡などを充実させ画像診断・非侵襲的治療も数多く行っています。しかしまずは患者さんの症状、所見が重要であり、患者さんからの問診、理学所見(お腹を触ったりなど)という昔ながらの診断学を大切にしています。“お腹の辺りが最近痛い” “食欲が落ちた・胃がもたれる” “体重がだんだん減っていっている”など症状がありましたらいつでも御相談ください。また全国的にも大腸癌の専門医として有名な山口大学第2外科准教授 硲彰一先生を始め、山口大学第2外科より二名の医師が非常勤医として来られています。そのため専門的な手術などは山口大学第2外科と連携し、必要であればスムーズに大学病院にて治療が行えるように対応しています。
  これからも地域医療に貢献していきたいと思っております。宜しくお願い致します。

医療機器

単純X線撮影装置、X線CT、MRI、胃内視鏡、大腸鏡、気管支鏡、超音波検査(腹部・体表面)、X線透視台、人工呼吸器

資格・会員学会

医学博士、日本外科学会会員、日本消化器外科学会会員、日本透析学会会員