TOP

AAA

アロマテラピーとは?

TOP > メディカルアロマテラピールーム > アロマテラピーとは?

アロマテラピーとは?

アロマテラピー(芳香療法)は、ハーブなどの芳香植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を用いて、私たちの心や体を心地よい状態へと導いてくれる、健康の増進に有用な方法のひとつです。
リラクゼーションやストレスケアへの活用は勿論、最近では医学的な効果についても検証が行われ、医療施設でもアロマテラピーへの注目が高まってきています。

メデイカルアロマテラピーについて

心身の調整による病気の予防、健康増進にも当院で行うメディカルアロマテラピーは病院との連携のもと、研修を修了したICAA認定メデイカルアロマセラピストがトリートメントを行っており、補完代替医療の一つとして病気の治療や症状緩和も目的としています。
医療の現場で看護にアロマテラピーを取り入れている病院が増えつつあり、積極的に治療に活用している医師もいます。
ストレス解消やリラクゼーションとしてだけでなく、心身の調整による病気の予防、健康増進にも、メディカルアロマテラピーをお役立てください。

メデイカルアロマテラピーの対象となる症状

  • しびれ感、不定愁訴など現代医療(西洋医学)で改善が見られない症状
  • 肩こり、腰痛、関節痛、筋肉痛など痛み
  • さまざまな心身症
  • 不眠症・パニック障害
  • 更年期障害、月経困難症
  • 便秘などの胃腸障害
  • 花粉症などのアレルギー症状
  • アトピー性皮膚炎、その他皮膚疾患
  • めまい・耳鳴りなど不定愁訴
  • 外科手術後のリンパ浮腫・特発性浮腫
  • 全身倦怠感・脱力感・疲れやすい

など無数にあります。

メデイカルアロマテラピーの効果

アロマテラピーは全身のさまざまな症状に用いられています。精油自体の効能以外に自律神経を安定させることが大きな作用と考えられています。
精油の芳香成分には単に良い香りを放つためではなく、医師をも納得させる"癒し"のパワーが秘められています。